KYOCERA Document Solutions

よくあるお問い合せ

検索

  • AND検索 OR検索
  • この分類以下を検索

質問:WindowsUpdate(更新プログラムをインストール)後スキャナ送信できなくなった

回答:

WindowsUpdate(更新プログラムをインストール)後にスキャナ送信ができなくなった場合は
以下の手順で確認してください。


≪Windows10≫


1.Windowsスタートの上で右クリックしてください。

    



2.メニューが表示されますので、「設定」を左クリックしてください。

    


3.「ネットワークとインターネット」の項目を左クリックしてください。




4.ネットワーク設定の変更の項目にあります、[共有オプション]を左クリックしてください。

 


5.「ネットワーク探索」と「ファイルとプリンターの共有」が「有効」になっているか確認します。

 ※「無効」になっている場合は「有効」に変更し、「変更の保存」を左クリックしてください。

 


6.手順5で「無効」→「有効」に変更した場合は、画面はそのままの状態で
 スキャナーの送信テストを実施します。


 ※送信OKの場合は、開いている画面を閉じて作業を終了します。
 ※送信NGの場合または最初から「有効」になっていた場合は、手順8へ進みます。



7.最下段にある「すべてのネットワーク」の(V)を左クリックしてください。

 


8.「パスワード保護共有」の設定を確認します。
  「有効」の場合は「無効」へ変更し、「変更の保存」を左クリックしてください。

 


9.手順8で「有効」→「無効」に変更した場合は、スキャナーの送信テストを実施します。


 ※送信OKの場合は、開いている画面を閉じて作業を終了します。
 ※送信NGの場合または最初から「無効」になっていた場合は、サービス担当者による確認が必要です。






≪Windows8.1/8≫


1.コントロールパネルを開きます。


 1)「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し(または画面左下のスタートボタン上で
  右クリックし)メニューリストを表示させます。

  

 2)「コントロールパネル」を選択します。

  


2.「ネットワークと共有センター」を選択します。

 ※カテゴリー表示の場合は「ネットワークとインターネット」を選択し
  「ネットワークと共有センター」を選択します。


3.「共有の詳細設定の変更」を選択します。

 ※現在使用しているネットワークの設定画面が開きます。


4.「ネットワーク探索」と「ファイルとプリンターの共有」が「有効」になっているか確認します。

 ※「無効」になっている場合は「有効」に変更し「変更の保存」を押します。

 


5.上記4で「無効」→「有効」に変更した場合は、画面はそのままの状態で
 スキャナーの送信テストを実施します。

 ※送信OKの場合は、開いている画面を閉じて作業を終了します。
 ※送信NGの場合または最初から「有効」になっていた場合は、手順6へ進みます。



6.「パスワード保護共有」の設定を確認します。


 1)最下段にある「すべてのネットワーク」の(V)を選択します。

 

 2)「パスワード保護共有」の設定を確認します。
   「有効」の場合は「無効」へ変更し、「変更の保存」を押します。

 


7.上記6で「有効」→「無効」に変更した場合は、スキャナーの送信テストを実施します。

 ※送信OKの場合は、開いている画面を閉じて作業を終了します。
 ※送信NGの場合または最初から「無効」になっていた場合は、サービス担当者による確認が必要です。





≪Windows7≫


1. スタートメニューをクリックし「コントロールパネル」を選択します。


2.「ネットワークと共有センター」を選択します。

 ※カテゴリー表示の場合は「ネットワークとインターネット」を選択し
  「ネットワークと共有センター」を選択します。


3.「共有の詳細設定の変更」を選択します。

 ※現在使用しているネットワークの設定画面が開きます。


4.「ネットワーク探索」と「ファイルとプリンターの共有」が「有効」になっているか確認します。

 ※「無効」になっている場合は「有効」に変更し「変更の保存」を押します。

 


5.上記4で「無効」→「有効」に変更した場合は、画面はそのままの状態で
 スキャナーの送信テストを実施します。

 ※送信OKの場合は、開いている画面を閉じて作業を終了します。
 ※送信NGの場合または最初から「有効」になっていた場合は、手順6へ進みます。



6.「パスワード保護共有」の設定を確認します。

 「パスワード保護共有」が「有効」の場合は「無効」へ変更し、「変更の保存」を押します。

 


7.上記6で「有効」→「無効」に変更した場合は、スキャナーの送信テストを実施します。

 ※送信OKの場合は、開いている画面を閉じて作業を終了します。
 ※送信NGの場合または最初から「無効」になっていた場合は、サービス担当者による確認が必要です。
  1. 2016/05/12 12:45:14
  2. 2017/09/08 09:48:32
この情報は役に立ちましたか?
※コンテンツを充実させるため、評価にご協力ください。


(C)2014 KYOCERA Document Solutions Inc.,KYOCERA Document Solutions Japan Inc.