TARGET frontierJV(ターゲット) 使い方マニュアル

検索

  • AND検索 OR検索
分類
TARGET frontier JV 公式サイト JRA-VAN ホームページ
TARGET frontierJV> ヘルプ> 各データ画面の説明> 戦歴・レース検索>

■戦歴・レース検索条件設定画面

 検索条件の指定には、大きく分けて3つの段階があります。まず最初に、検索するレースの条件(レース条件)を指定します。そして、次にその検索したレースの中からどの馬のデータを取り出すか(選択馬条件)を決めます。そして、最後に検索する範囲(期間)を指定します。この画面では、最初の2つの条件の設定を行ないます。検索範囲の設定については別の画面になりますので、リンク先をご覧下さい。


◆レース条件

 メニューパネルのレース検索ボタン等を押すと、まず最初に表示される画面がこの画面で、表示されている各条件がレース検索のための条件設定で、指定したもの全てを満たすレースが検索されます。

 条件を指定した項目は、項目名が水色で表示されますので、それらを全て満たしたレースが検索されます。ただし、各項目の中では、複数の項目を指定することが可能です。例えば場所であれば、東京と京都のように、複数の場所を指定することができ、この場合はもちろんどちらかにマッチすれば条件を満たしたことになります。

 画面下部は、タイトルまたは各エリア内等をクリックしますと、その条件のエリアが優先的に表示されます。条件を設定する場合には、クリックしてから設定して下さい。下部の各条件エリアは部分的に重なって表示されていますが、全ての条件の名前の一部等は常に見える状態になっていますので、その条件が設定されているかどうかは、水色表示になっているかどうかで確認可能です。また、そのエリア内の条件がひとつ以上設定されていれば、そのエリアのタイトルの部分も水色で表示されます。

 G1レースの条件については、下部のG1プリセットボタンでレース名を指定して条件を一括で取り込むことができます。ただし、条件の変更が大きい場合には、全てのレースに対応できていない可能性もあります。


◆選択馬条件

 画面下部の次(選択馬の条件)ボタンを押すかEnterキーを押すと、選択馬条件設定画面になります。前の画面で指定した条件で検索したレースから、どの馬のデータを戦歴データとして読み込むかを指定する条件です。前の画面はあくまでレースを絞り込むための条件で、そして見つけたレースに対して、この画面で指定した馬のデータを戦歴データとしてピックアップするわけです。条件を満たしていれば、1つのレースで複数の馬が読み込まれる場合もあります。逆に、この部分で指定した馬が見つからなければ、データとしては一切読み込まれませんので、ある意味、レースを検索するための条件にもなっています。下部の戻るボタンを押すと、レース条件の画面に戻ります。

 通常、レースを一覧等するだけであれば、1着馬のみを検索するのが効率的です。レース条件で指定した条件で検索されたレースがどのようなレースなのかを一覧して確認したり、あるいはそこから個々のレースの成績画面を見たりする場合です。

 1着馬のみを検索する場合には、着順の種類と範囲の指定で、単一ボタンを押せば、値が左に揃いますので、1着~1着となり、1着馬だけが検索されます。1着馬だけを検索すると、通常は1つのレースに対して1件のデータのみが検索されますが、同着の場合には2件以上になる場合があります。

 また、何等かの条件の馬を検索して集計結果を見たいような場合には、着順の範囲は全ボタンで1着~28着にして、他の条件を指定して下さい。例えば、人気を1~1人気とすれば、1番人気馬のみが検索され、各集計画面で、1番人気の傾向等がわかります。その他、騎手や調教師等を指定する場合も着順の範囲を全てにしてください。もちろん、特定の騎手の特定の着順を調べたいような場合には、その限りではありません。

 出馬表からの同条件レース検索や同名レース検索等で、戦歴・レース検索を起動したような場合は、いくつかの条件があらかじめ設定されています。その場合、最初にこの画面が開くことがあり、条件を追加・変更することも可能です。

 次(検索範囲の設定)ボタンを押すと、戦歴・検索範囲の設定画面になり、レースを検索する期間等を指定します。それを指定すると検索を開始します。検索は、通常は検索開始日から日付をさかのぼって検索します。検索開始日は、通常は本日が設定されます。また、検索はいつでも中断可能ですので、無制限を指定して、日付や読み込んだレース数、あるいは検索速度等から適当な箇所で止めても構いません。止めた場合には再開可能です。また、一般的には、一度検索した期間のデータについては、条件等を少し変えて再度検索した場合には、かなり高速に検索できるはずです。ですので、検索の初回だけは、時間がそれなりにかかる場合がありますので、ご注意下さい。

◆各検索項目の条件設定上の注意

 世代限定の指定では、何も指定しなければ全てのレースが対象になりますが、4つとも指定した場合は、アラブのレースが対象から外れます。古馬のレースを指定する場合は、3歳上と4歳上の両方を指定して下さい。

 レース名は、指定した文字がレース名に含まれるレースを検索します。レース名だけの検索をするよりも、わかる範囲で場所等を指定すると検索速度が向上します。

 1着賞金額は、レース発走前の時点の額で、同着等の結果に影響されない額になります。ですので、実際に同着のデータが検索された場合には、検索後の1着馬の賞金額の表示内容が指定した範囲以下の値になっているケースもあります。

 レース前半の指定では、レースのスタートからのラップタイプで検索することが可能です。ただし、1700m等の端数ハロンのレースでは、指定したハロン数に次の1ハロンのラップタイムの半分を加算したタイムで検索します。

 大逃げの馬がいたレース(2頭まで)を指定した場合には、各コーナーのどれかで、先頭あるいは2番手の馬から3番手の馬までの間に大きな差があったレースが検索されますので、1頭または2頭が大逃げをしたレースが検索されます。判定には成績画面等で表示される各コーナー順位のデータを利用し、1番手~3番手の間に「=」マークが存在するレースが検索されます。

 配当指定の連勝とは、馬連が8頭以下で発売されていない時期は、8頭以下で枠連、9頭以上で馬連を自動的に指定します。

 着順の範囲人気の範囲は1~28が初期値になっていますが、現在では18頭立てが最多になりますので、これを1~18と絞っても同じと思われるかもしれませんが、条件が指定されているかいないかの差がありますので、初期値から変更すると、入着できなかった馬が検索対象から外れます。除外馬や競走中止馬等が検索されなくなりますので注意してください。また、逆に28着のみを指定すると、競争中止、除外、取消、失格を直接検索できます

 1(2)着馬との着差の指定では、1着馬の場合は2着馬との着差、2着以下の馬の場合は1着馬との着差で検索します。ですから、大差勝ちの馬を検索する場合は、着順の指定で1着馬を指定して下さい。なお、着順は入線着順が使われます。また、取消し、除外、競走中止等は全て検索されなくなります。

 TARGETでは、現在の新潟の直線1000mでも通過順をひとつ表示していますが、これは上がりタイムから逆算した順位で、JRA-VANの通過順データとは異なります。ですので、このコースでは4角通過順での検索はできません。また、過去に降雪時の視界不良等でコーナー順位のデータが全く存在していないレースもあり、こちらも同様です。このようなレースでは、もちろん逃げ馬の検索もできません。

 馬印は、設定された印の上から順に最大64個までの中から指定が可能です。また、レース印は、同様に最大128個までの指定が可能です。馬印は、同時に3種類まで指定できますが、AND条件になりますので、複数指定した場合には、全ての印が打たれている馬が検索の対象になります。また、第2、第3の馬印はタイプを指定できます。

 複勝オッズは、範囲があるオッズで、通常は上下2つの値があります。ですので、こちらを条件として検索する場合には、下限値のみ、上限値のみ、あるいは下限と上限の平均値、下限と上限の双方を含む範囲、上限を下限で割った値の何れかを選択し、その範囲を指定して該当馬を検索します。

 複下限オッズの横ののチェックボックスをチェックすると、2007年以前までのJRAプラス10が適用されないオッズ値で検索できます。これにより、これをチェックして、値の範囲を「1.0~1.0」として2008年以降を検索すれば、JRAプラス10が適用される可能性のあった馬のみを検索することができます。また、複下限オッズを指定すると、検索時間が遅くなる場合があります。

 種牡馬を指定すると、検索時間が遅くなります。これは、ここで種牡馬を指定した場合には、逐次検索になるためです。種牡馬については、産駒の出走期間はある程度限られているため、一括で検索しても量的に膨大になることはありません。ですので、もしその種牡馬の全ての産駒のデータを検索対象とするような場合には、一括検索で検索した方が結果的に早く検索できる可能性が高いです。こちらは、種牡馬一覧画面から実行可能です。直近等、短い期間で検索する場合に、こちらの逐次検索をご利用下さい。逐次検索とは、通常の方法で日をさかのぼりながらレースを検索し、出走馬の種牡馬を確認してデータを読み込みます。一括検索とは、まずその種牡馬の産駒を一括して検索し、各馬の戦歴をまとめて読み込みます。

 前走間隔、休明~戦、デビュー~戦、近走~戦で条件を指定する場合、取消・除外のレースも条件に含まれてカウントされますのでご注意下さい。また、前走間隔で「0」を指定すると、初出走のレースが検索されます。

 レース条件及び選択馬条件の双方で外部指数に関する項目を条件として指定することができますが、指定できるのは同一の外部指数になります。外部指数の指定画面は双方にありますが、片方を指定すると、もうひとつも必ず同一になります。また、外部指数の条件を指定すると、検索速度は外部指数ファイルへのアクセス速度に影響されますので、例えばひとつのファイルに長期間のデータを含めていたりして、ファイルのサイズが大きいような場合にはアクセス速度が低下しますので、結果的に検索速度も大幅に低下してしまいます。外部指数を検索条件として設定する場合には、ファイルへのアクセス速度にもご注意下さい。速度の改善方法については、こちらを参照して下さい。

 また、選択した外部指数が小数点が含まれる設定になっている場合、値の範囲の設定画面では、小数点は表示されませんので、指定した桁数まで小数点を省いた値で指定して下さい。

 すでに一度データを検索し終わった後、これらの検索条件を変更すると、検索済みの戦歴データはクリアされ、再検索になります。

 戦歴・レース検索に関する表示内容や、メニューその他の機能については、戦歴・レース検索についてを参照して下さい。


【注意】

 レース検索では、レース数や休み明け戦数、前走等の判定には取消・除外のレースも含まれますのでご注意下さい。それらを除外したデータで検索・集計した結果とは異なる場合がありますのでご注意下さい。


 競馬のデータの中には、例外的なデータがかなりあります。例えば同着なんていうものは4着以下のケースまで含めれば日常茶飯事ですが、全くの同票数の同一人気馬というのも存在します。また、同着から降着したなんていうデータも存在しますので、より正確なデータが必要な場合には検索条件の指定等に細心の注意を払ってください。それ以外でも例えば降雪のためラップタイムや上がり3ハロンタイムデータが無いレースもあったりと、検索対象となるレースやデータの特徴をよく知っておく必要もあります。できれば、別々の方法で同一データを検索し、数値を照合してみるのもひとつの方法です。戦歴・レース検索では、検索後も各集計項目でマークしたり絞り込むことも出来ますし、またそれぞれの項目ごとの実際のデータを一覧することもできますので、何かおかしいと感じたデータがあった場合は、直接その中身を覗いて確認して下さい。

【TIPS】
 検索項目の指定では、わかる範囲で出来るだけ多くの条件を指定すと、より速く検索することができます。特に、検索対象になっている成績データのファイルは開催単位で分割されていますので、場所を指定するだけで、読み込むファイルの数が大きく減り、速度が大幅にアップします。

 また、読み込むデータ数が多くなると、速度が極端に遅くなりますので、読み込み後に集計項目等で絞り込みたい場合でも、できれば最初からできるだけデータを絞り込むようにして下さい。





このQ&Aを見た人は、他にこんなQ&Aも参照しています。

  1. 2010/11/12 11:28:24
  2. 2015/09/08 16:50:26
このFAQで疑問は解決しましたか?
※FAQを充実させるため、評価にご協力ください。
一つ前に戻る
トップに戻る