TARGET frontierJV(ターゲット) 使い方マニュアル

検索

  • AND検索 OR検索
分類
TARGET frontier JV 公式サイト JRA-VAN ホームページ
TARGET frontierJV> ヘルプ> 用語の解説>

■IPAT投票手順

◆事前準備

 ターゲットからIPATを使って自動的に投票するためには、JRAが提供しているIPATのサービスを利用できることが前提になっています(ただし、クレジットカード用の口座のJRAダイレクトについては、制約が多い等の理由で現状では対応していませんのでご注意下さい)。ですので、まずは画面上部のIPATボタンを押して、表示されたメニュー内のIPATの設定・口座切換を実行して、IPAT連動設定の画面を開き、IPATのINET-ID加入者番号P-ARS番号暗証番号を入力して下さい。これらは、JRAから送られて来た書類等に記載されています。口座は最大3つまで設定可能ですが、とりあえずはひとつ設定して下さい。

 事前の準備は、基本的にはこれだけですが、これとは別に、ご利用のコンピュータで実際にIPATの投票が正常にできることも事前に確認してください。インターネットエクスプローラを起動し、IPATのサイトからログインして、買い目や金額を入力して、実際に馬券が買えるかどうかもご確認ください。ターゲットが行なっている自動投票は、基本的にはこの作業を自動化しているだけですので、ご利用の回線やコンピュータの設定等の関係で、IPAT自体が正常に利用できないと、ターゲットからも投票出来ない可能性があります。

◆買い目の作成→投票

 あとは、レース当日、あるいは前日に、買い目を作成して投票するだけです。買い目は、投票するレースの出馬表を開いて、右上の買い目ボタンを押して、買い目画面を開き、そこで作成します。買い目追加の部分をダブルクリックするか、Enterキーを押すと、買い目テンプレートが開きますので、あとは、マークシートのような要領でマークし、買い目を作成し、また、それぞれの目の金額も入力して下さい。各画面の詳しい説明はそれぞれのリンク先のヘルプの内容を御覧下さい。各画面には、便利機能がいろいろとありますので、一通り使えるようになった後に確認すると、また応用範囲も広がります。また、各オッズ画面からもオッズの部分をクリックして買い目を作成したりすることも可能です(投票モード)。

 買い目の作成後、あとは買い目画面上部のIPAT投票ボタンを押すだけで、自動投票されます。ただし、IPATの自動投票は、IPATの画面を外部からコントロールして動作させているだけで、IPATのサイトが保証した利用方法ではありません。IPATのサイトがリニューアル等で変更されますと、正常に動作しなくなる可能性もあり、またその変更は予告なしで行なわれる可能性も高く、こちらで事前に対応することは困難な状態です。ですので、この自動投票の動作でも、最後は必ず買い目の内容や金額を確認の上、IPATの確認ボタンを自ら押して投票していただくことになりますので、ご了承ください。

 買い目は、もちろん金額が設定されたもののみが投票の対象となります。金額が入力されていない買い目は投票されません。

 また、出馬表レース選択画面からは、同一日の複数のレースを一括して投票できます。

 一旦投票した後、同じレースの買い目を追加して投票したい場合の方法はこちらをご覧下さい。

 レース終了後、成績データを取り込めば、自動的に的中の判定や収支の計算が行なわれます。当日の収支の集計は本日集計画面で確認できます。また、買い目を蓄積していけば、長期間の収支も自動的に計算できます。レース検索から、指定した条件で検索したレースのみを対象として収支を集計等することも可能です。


◆投票ができない場合

・IPATの投票を行なうと、「初期画面からINET-IDを入力してやり直してください。(002)」というメッセージが表示されて投票できない

 IPAT投票時の「初期画面からINET-IDを入力してやり直してください」というエラーは、多くの場合、購入できない馬券や発売されていないレースが指定されている場合に発生します。また、古いバージョンを利用されている場合にも発生する可能性がありますので、まずはターゲットを必ず最新バージョンにバージョンアップしてからお試しください。

 例えば、枠連が発売されていないレースで枠連を購入しようとした場合や、すでに取消しが確定している馬番を指定した場合等にエラーが表示されます。また、まだ発売されていないレースや、すでに終了しているレースを何等かの方法で投票しようとした場合にも表示されることがあります。

 買い目の整合性等については作成時にもそれなりにはチェックしていますが、作成したタイミングや投票するタイミングによってはチェックをすり抜ける場合があります。また、買い目を外部で生成して取り込んでいるような場合には、さらにチェックが緩くなっていますので、存在しない馬番や券種が指定されている可能性もあります。


・IPAT投票すると、スクリプトエラーが出る 

 投票時にスクリプトエラーが出る場合は、インターネットクエスプローラのツールオプションの全般タブの「インターネット一時ファイル」内の「設定」ボタンを押し、「保存しているページの新しいバージョンの確認」を「ページを表示するごとに確認する」以外にしてみて下さい。

 また、改善しない場合は、同箇所から、Cookie及び一時ファイルの削除を実行してみて下さい。それでも改善しない場合には、ターゲット及びインターネットエクスプローラを完全に終了した状態にし、Windowsを再起動してからお試し下さい。


・以上に該当しない場合

 投票が出来ない場合、あるいはその方法がわからない場合、メールで質問されても結構ですが、その場合には、上記の投票作業のどこで問題が発生したのか、また、どのような状態になったり、エラーメッセージ等が表示されて、できないと判断したのか等を、画面名やレース名、確認した日時等も含め、できるだけ具体的にお知らせください。その場合、インストール後の最初の投票からできない場合と、先週あるいは前日までできていたのに急にできなくなった場合の2つのケースがありますので、そのどちらかもお知らせください。また、できれば、以下の内容を事前にご確認の上、その結果ついてもお知らせください。

 自動投票ができない場合、可能性としては、いくつかあります。まずは、ご利用のコンピュータで、ターゲットを使わないで投票できるかどうかご確認ください。もし出来ない場合には、以下の可能性がありますのでご確認ください。

・IPATのサイト自体に何か問題が発生している場合
 →IPATのサポートサイト等をご確認ください。
 →単純に、IPATの発売時間帯でないというケースも考えられます。

・ご利用のコンピュータや回線に異常等がある場合
 →回線やプロバイダの状態、コンピュータの設定等を確認してください。
 →コンピュータの日付等の設定や、何か新しいソフトをインストールした場合には、そのソフトとの相性、特にセキュリティソフトによる通信の遮断の可能性もあります。

・発売されていないレースや発売されていない券種へ投票した場合
 →IPATでは入力時にエラーになるようなケースでも、ターゲット内から投票した場合には、ある程度の投票動作を行い、IPATの画面とは違うエラーの形になる場合もあります。

 インターネットエクスプローラでは投票できるが、ターゲットでは投票できない場合には、以下の可能性があります。

・IPATの個人情報の設定が正常でない場合
 →環境設定のIPAT連動設定で指定している内容が正常でない(半角じゃなくて全角文字を使用していたり等のケースも)。

・IPATの投票サイトの仕様が変更になった場合
 →ターゲットのサポートサイトでなるべく早急にお知らせします。この場合は、ターゲット自体をバージョンアップまたはリビジョンアップして対応することになりますので、少し時間がかかります。なるべく当日あるいは翌日までには対応する方針ですが、仕様変更の内容によっては、時間がかかる場合や不可能な場合もありますので、その場合にはご容赦下さい。

・ターゲット自体のバグの可能性
 →バグの場合にもサポートサイトで直ちにお知らせします。公開して時間が経過しているバージョンでは発生する可能性は低いと思いますが、バージョンアップ直後等であれば、発生する可能性は考えられます。

【注意】
 IPATの連動機能は、IPATのサイトを外部からコントロールして動作させているだけで、JRAやIPATのサイトが保証した利用方法ではありません。ですので、IPATのサイトがリニューアル等で変更されますと、正常に動作しなくなる可能性が常にあります。またその変更は予告なしで行なわれる可能性も高く、こちらで事前に対応することは困難な状態です。ですので、何の予告も無く突然投票できなくな場合もありますが、こちらでは、できるだけ速やかに対応する予定です。また、これまでにも何度か仕様変更がありましたが、全て変更日当日内には対応を完了しています。


 ただし、今後の変更に対しても、どのような変更が行われるのかは想定できず、常に当日中に対応できるのかどうかはわかりません。ですので、変更等が発生した場合には、上記の内容をあらかじめご了承下さい。また、仕様の変更が発生した場合には、その対応状況等については、サポートサイトのトップ等で逐次お知らせいたしますので、まずはそちらをご覧下さい。


 ターゲットが行っているIPATの連動機能は、自動投票ではなく、あくまでIPATの投票の入力支援の機能です。つまり、IPATサイトにブラウザでログインして手動で投票する場合には、まず買い目や加入者コード等を入力する必要がありますが、その入力作業を自動化するというのがターゲットのIPAT連動の機能です。ですので、投票するためには最後に投票確認のボタン等を2回押す必要があり、完全な自動投票ではありません。ですので、通常の手動投票と同様に、その時点での投票限度額や、投票動作が正常に終了したかどうかの判断は自らの目で行ってください。





このQ&Aを見た人は、他にこんなQ&Aも参照しています。

  1. 2010/11/11 21:01:32
  2. 2011/07/28 23:37:25
このFAQで疑問は解決しましたか?
※FAQを充実させるため、評価にご協力ください。
一つ前に戻る
トップに戻る