TARGET frontierJV(ターゲット) 使い方マニュアル

検索

  • AND検索 OR検索
分類
TARGET frontier JV 公式サイト JRA-VAN ホームページ
TARGET frontierJV> ヘルプ> 各データ画面の説明> 馬グループ戦歴>

■馬グループ戦歴について

 馬グループ戦歴とは、馬データ検索等で選択した馬をグループとして、その中の馬が出ていたレースの成績を検索して集計して行く機能です。

 種牡馬をキーにして、産駒を検索して、種牡馬の成績を調べたり、POG馬名リストファイルを作成し、それを読み込ませてPOGの成績を調べたりすることもできます。このように馬グループ自体はリストで作成することも可能ですから、任意のグループを作ることができますので、そのグループの作り方によっては、様々なデータを調べることが可能です。

 検索後は戦歴・レース検索画面になりますので、詳しい機能の説明はそちらを参照して下さい。

 メインメニューから馬グループ戦歴を選択した場合は、直接、馬名リストファイル血統登録番号リストファイルを指定し、それを読み込ませて馬グループを作成し、ただちに戦歴の検索を行います。

 また、この場合の馬名リストファイルでは、仮想馬主機能が使えます。

 馬グループ戦歴から戦歴・レース検索画面を開き、そして前走データを読み込ませた場合は、仮想馬主の指定がクリアされてしまい、実際の馬主名等が表示されますのでご注意下さい。

 また、馬データ検索画面のメニュー内には、馬グループ戦歴(地方成績含む)という機能もあります。これは、通常の戦歴やレース検索では、中央競馬の成績のみを対象として検索されます。これは、地方競馬のクラス体系等が様々であったり、あるいは地方競馬の成績データでは、ラップタイムや配当、その他様々なデータが欠けていて、集計にはとても向かいないための措置です。ですが、近年では地方交流レースも数多く行なわれるようになって来まして、POGでも、集計の対象とするというルールで行なっているケースも多いかと思います。ということで、この機能では、POG集計用ということで、この馬グループ戦歴から検索したレース検索画面では、地方成績も読み込まれ、集計の対象になります。ただし、前述のように、JRA-VANの地方成績データでは、配当データも無いので、地方成績を含めてしまいますと、例えば単勝回収値なんていうデータは全く無意味なデータになっている可能性が高くなります。その他でも、騎手や調教師もコードも入っていませんので、別人として集計される場合があります。たにも、場所別集計,クラス別集計,脚質別集計,日次別集計,オッズ別集計,前クラス別集計,前脚質別集計,N角別集計,前N角別集計の各集計画面は正常に機能しなくなります。また、右クリックによるデータの分離・マークの機能等も利用できませんので、ご注意ください。このように様々な制約が出ますので、この機能は、あえてこのメニューからしか利用できないようになっています。また、ご利用するにあたっては、細心の注意をお払いください。




このQ&Aを見た人は、他にこんなQ&Aも参照しています。

  1. 2010/11/11 21:01:00
  2. 2010/11/29 16:30:07
このFAQで疑問は解決しましたか?
※FAQを充実させるため、評価にご協力ください。
一つ前に戻る
トップに戻る