TARGET frontierJV(ターゲット) 使い方マニュアル

検索

  • AND検索 OR検索
分類
TARGET frontier JV 公式サイト JRA-VAN ホームページ
TARGET frontierJV> ヘルプ> 用語の解説>

■時系列オッズ/指定時系列オッズ/時系列オッズバー

◆時系列オッズとは?

 時系列オッズとは、馬券が発売になってから、発売締め切りになるまでの間をいくつかに区切って、その時点ごとのオッズデータを集めたもののことです。例えば単勝であれば、ある馬のオッズが、馬券の発売開始から、締め切りまでの間に何倍あたりをどのように推移したかということを見ることができます。それによって、最初と比べて、後半に人気になってきたとか、あるいは朝はかなり人気だったのに、締め切り直前には人気を落した、というようなことを読み取ることができ、オッズをまた違った面から見ることができます。

 TARGET frontier JVでは、この時系列オッズを表示させたり、任意の地点のデータを取り出したりすることが可能です。現在、JRA-VAN Data Labで提供されている時系列オッズデータは、単勝、複勝、枠連、馬連だけです。他のオッズについては提供されていません。また、ファイルとしては、単勝、複勝、枠連はひとつのファイルとなっており、「単・複・枠時系列オッズ」データと「馬連時系列オッズ」データの2つがあります。これをダウンロードして読み込むことによって、単勝の時系列オッズ単勝時系列オッズ画面に、複勝の時系列オッズ複勝時系列オッズ画面に、連勝時系列オッズ(馬連・枠連)連勝時系列オッズ画面に表示させることが可能です。また、オッズ画面の別オッズボタンで、特定の時刻や指定した条件にマッチする地点のオッズを表示させることもできます。

 JRA-VANの時系列オッズのデータは、5~10分間隔での各オッズデータが収録されています。また、オッズ以外にもその時点での馬券の種別ごとの合計票数(売上げ)が収録されていますので、その値と各馬のオッズから計算することによって、各馬ごとの時系列の推定売上げを求めることが可能になっています。ですから、単勝であれば、何時何分からの5分間で、ある馬の単勝が約何円売れたのかを調べることができます。単に時系列オッズだけを表示するのではなく、この売上げを見ることができるということは、実数を知ることができるわけで、異常投票その他の発見には大変に役に立つデータと言えます。

◆各時系列オッズ画面

 オッズ画面には、単複単勝複勝馬連の各時系列オッズ画面があり、それぞれ時系列オッズを一覧表示したり、出力することができます。また、画面内からデータをダウンロードすることもできます。

 表示には、累積と区間というモードがあり、各時点でのデータだけでなく、特定の区間(時間帯)のデータだけを調べることも出来ます。これにより、特定の時間帯における異常な投票等を分析することもできます。区間表示時には、異常値と思われるデータは赤色の背景色で表示されます。異常値の判定基準は、環境設定の時系列オッズで指定可能ですので、独自の条件を設定することもできます。また、各画面の設定メニューで、区間票数(売上げ金額)の範囲で色分けをするという設定も可能ですので、金額のみを分析したいという場合には、その指定だけでも十分に意味があります。

◆時系列オッズバー

 オッズ画面で、時系列オッズデータが取得されている場合、単勝・複勝・枠連・馬連関係がメインで表示されているタブを選択しますと、画面の下部に時系列オッズバーが表示されます。このバーをスライドしますと、時系列オッズデータ内の対応した時刻のデータを画面内に表示します。バーの左右の空欄部分をクリックし続けますと、連続的に内容を変化させることができ、オッズの時系列的な変化を視覚的に確認できます。特に単勝シェア円グラフ画面単勝シェア棒グラフ画面では、時系列的な変化の推移を見ることができます。

 また、時系列オッズバーの時刻の部分をクリックしますと、該当データ内の時刻の一覧が表示され、選択した特定の時刻の状態を表示可能です。

 ただし、時系列オッズは単複枠連と馬連データのみですので、各オッズ画面での馬単やワイド、3連複、3連単関係の項目については表示できません。

 時系列オッズバー右側の時系列データ更新をクリックしますと、単複枠連と馬連の両時系列オッズデータが再取得され、最新の状態になります。

 画面右端の×ボタンをクリックすると、時系列オッズバーを消すことができます。こちらは、オッズ画面のメニューのこの画面の設定内の時系列オッズバーを常に表示しないにチェックが入り、このバーが表示されなくなります。こちらのチェックを外せば再度表示されるようになります。

◆時系列オッズのダウンロード

 時系列オッズは、各出馬表買い目画面オッズ画面からそのレースの速報データとしてダウンロード可能です。また、出馬表レース選択画面では、その日の複数のレースを指定して一括してダウンロードすることもできます。オッズ画面では、時系列オッズの画面を開いた状態で、画面上部の
JVオッズ取得ボタンを押せば、当該時系列オッズデータが自動的にダウンロードされます。

 複数の日付の複数のレースの時系列オッズデータを一括して取得したい場合には、レース検索画面のファイルメニュー内の時系列オッズのダウンロード機能をご利用ください。まず、データを取得したいレースを対象にレース検索でレースを検索し、その後、上記機能を実行すれば、一括でダウンロードすることができます。

 ダウンロードされたファイルはJRA-VAN速報データフォルダ(RT_DATA内のサブフォルダ)に自動的に格納されます。データがダウンロードされていれば、そのレースのオッズ画面で時系列オッズを表示することができます。

 一応公式的には、JRA-VANの時系列オッズは、過去1年間のレースのデータが取得可能ということになっていますが、2008年2月現在では、2003年10月4日までさかのぼってデータが取得可能です。ただ、これについてはいつ制限されるかわかりませんので、その時点でいつまでのデータが取得可能かどうかについては、実際にダウンロードしてみるという方法しかないようです。

◆時系列オッズ出力

 各時系列オッズは、オッズ画面等から出力メニュー内のHTML形式及びCSV形式で出力可能です。

 HTML形式では、各時系列オッズ画面の縦表示時の画面イメージに近い形式で出力されます。配色も基本的には再現されます。ですので、例えば現在表示している画面のイメージのまま印刷したいという場合には、HTML形式をご利用ください。出力したファイルをインターネットエクスプローラ等で開いて印刷することができます。HTML形式については、基本的には各レースごとの出力になります。

 また、CSV形式では、累積オッズ表示時の画面のイメージと同様の内容になります。データの仕様や内容が固定されていますが、これは提供されているJRA-VANの元ファイルに一番近い形式で、逆算等は行なっていませんので、データとしては一番正確なものになります。ターゲットで表示している他の時系列オッズの数値は、全てのこの数値から逆算したものですので、出力されていないデータも基本的にはここから計算は可能です。

 出力内容については、単勝、複勝、単勝+複勝、連勝、枠連(8枠固定)、馬連(18頭固定)があります。
単勝複勝単勝+複勝については、画面のイメージとほぼ同じです。また、連勝については、基本的には馬連で、馬連が存在しないケースでは枠連が代用され、頭数に合わせて詰めた状態で出力されます。枠連(8枠固定)は、頭数に関わらず「1-1」から「8-8」までの計36点が出力されます。また、馬連(18頭固定)についても、頭数に関わらず「1-2」から「17-18」までの計153点が出力されます。

 各レースのオッズ画面からは、もちろんそのレースの時系列オッズデータを出力することができますが、CSV形式については、出馬表レース選択画面から、その日の複数のレースを選択して一括して出力することも可能ですし、また、レース検索からは、検索した複数のレースを対象として、一括出力することも可能です。CSV形式は、仕様が固定されていますが、逆にこのように多数のレースを一括して出力等行うことが出来ます。

 ファイルはレースごとに作成されますので、CSV形式で一括出力する場合には、以下のルールによるファイル名が自動的に付けられます。出力先は、環境設定で指定したフォルダ内になります。また、オッズ画面からは個別に出力できますので、この場合にはファイル名を任意に指定できますが、既存のファイルに対して追加することはできず、全て上書きになりますのでご注意ください。また、項目名を付加するかどうかを指定できます。

 このCSV形式出力では、区間でのデータや各目ごとの推定票数等のデータは出力されませんが、出力されるデータはJRA-VANの時系列オッズデータそのもので、TARGET frontier JVでも、これらのデータから逆算して区間データや各目ごとの票数を計算しています。出力されたデータの中には必要十分なデータは揃っているはずですので、データベースソフトやExcel等を利用すれば、表示されている他の項目は基本的には計算して求めることが可能です。ただし、複勝の逆算については少々難しいかもしれません。

【自動的作成時のCSV形式時系列オッズのファイル名の仕様】

 作成されるファイル名は、
  「券種文字+レースID(旧仕様8桁)+.CSV」
 となります。券種文字は以下の通りです。
  単勝:JT
  複勝:JF
  単複:JD
  連勝:JR
  枠連 :JW
  馬連 :JR


◆指定時系列オッズ

 指定時系列オッズとは、時系列オッズデータの中のある時点のデータの事を指します。逆に、そのレースの全ての時系列オッズについては、わかりやすく時系列オッズ(フル)と表記する場合もあります。

 ターゲットでは、時系列オッズのデータの中から、特定の条件にマッチする時点のデータをオッズ画面で表示させたり、または、ファイルとして取り出したりすることができます。条件は、環境設定の時系列オッズで4つまで指定が可能です。複数の条件のデータをまとめて取り出すことも出来ます。

 指定時系列オッズデータは、オッズ画面では、別オッズボタンから簡単に呼び出すことが出来ます。

 出馬表レース選択画面レース検索では、指定時系列オッズデータを一括して出力することができます。出力は、時系列オッズと同様の形式及びData Labの形式そのままのJVData形式が選択できます。また、指定した1つの条件だけでなく、その複数を組み合わせることも可能です。例えば、朝10時と発走10分前と、確定オッズの3つを組み合わせるというようなことも可能です。

 また、JVDataの形式は、通常の速報オッズの形式と同じですので、出力先を自動的に速報オッズのフォルダにすることで、ターゲットが利用する速報オッズを、指定した条件のものに揃えるというようなことができます(JVData速報オッズ生成機能)。そして、オッズ画面では、環境設定・オッズ・買い目票数から確定オッズを読み込むのチェックを外せば、オッズ画面を開いたときに、この速報オッズデータが優先的に読み込まれますので、過去のレースを表示させた場合でも、例えば午前10時の時点のオッズを簡単に確認するというようなことができるようになります。

◆累積・区間積売上(推定票数)

 各自系列オッズ画面では、累積や区間での売り上げ値、つまり票数が表示されますが、これは、その時点での全体の票数のデータ及び、各目のオッズから逆算した値です。そして、オッズの計算には、端数を切り捨てる箇所がありますので、逆算した場合、必ず誤差を含んでしまいます。しかも、オッズの値が小さいほど、値に占める誤差の比率は大きくなります。つまり、人気の目ほど誤差が増える可能性があります。もちろん、ターゲットでは、なるべく誤差が出ないように、計算していますが、それでも誤差を0とすることはできません。また、偏った人気の目が存在する場合には、そこで誤差が多く発生する可能性がありますので、そのような場合、他の目にも影響が出る可能性がありますので、ご注意下さい。

 また、計算には、上記の通り、全体の票数と各目のオッズ値しかわかりません。ですので、もし馬券発売開始後に取り消し等が発生して、確定後に返還されるような場合には、その返還分の票数がどの程度なのかというデータは、現状では存在しませんので、例えば人気馬が締め切り近辺に取り消したような場合には、計算上かなりの不確定な状態になり、値としてかなり誤差が出る可能性があります。もちろん、直前の票数値からある程度推定した返還分を差し引いて計算していますが、それでも売り上げ規模が大きくなっているような時点での取り消しでは、対応するのは困難です。ですので、馬券発売後に取り消し馬が発生したようなケースでは、十分に注意してご利用下さい。




このQ&Aを見た人は、他にこんなQ&Aも参照しています。

  1. 2010/11/11 20:58:45
  2. 2010/11/27 18:28:33
このFAQで疑問は解決しましたか?
※FAQを充実させるため、評価にご協力ください。
一つ前に戻る
トップに戻る