TARGET frontierJV(ターゲット) 使い方マニュアル

検索

  • AND検索 OR検索
分類
TARGET frontier JV 公式サイト JRA-VAN ホームページ
TARGET frontierJV> ヘルプ> 用語の解説>

■CSV形式

◆CSV形式とは

 CSV形式とは、各データの項目をカンマ","で区切ったファイル形式のことで、カンマで区切られたいくつかの項目をひとつのレコードとして、各レコードは改行で区切られています。データファイル全体は全てテキストデータで構成されており、エディタやワープロソフトで直接見たり編集したりすることも可能です。

 CSV形式のデータは、表計算ソフトやデータベースソフト、ホームページ作成用ソフト等で、直接読み込むことが出来ます。拡張子を".CSV"にしておけば、ソフトによっては、そのファイルをダブルクリックするだけで起動できる場合もあります。

 他のソフトに読み込ませることによって、それらを加工して集計・分析したり、また整形して印刷したり、HTML形式に変換したりすることもできます。


◆ターゲットでのCSV形式での入出力機能及び注意

 ターゲットでは、多数の画面等からCSV形式で当該画面のデータを出力できます。出力の内容は主に2通りあり、ひとつは画面に表示されている項目のレイアウトに沿った形式(画面イメージCSV形式)のものと、もうひとつは、その画面内で扱えるデータを多数羅列したもの(特定CSV形式)で、詳細は以下で解説します。また、項目レイアウトの変更が可能な画面で画面イメージCSV形式の出力が可能な場合には、画面イメージと同様に出力フォーマットを任意に作成することができます。

 また、ターゲット内で読み込みに対応している形式もありますので、他のソフト等で作成したファイルを直接ターゲットに読み込ませたり、あるいは他のターゲット等のソフトとデータのやり取りをすることも可能です。

 各CSV形式出力では、その項目名をヘッダとして先頭レコードとして追加される場合や、追加を指定できる場合があります。また、特定CSV形式については、ヘルプ内で項目のレイアウトを解説しています。

 出力項目としてレースID血統登録番号等の各コードが含まれている場合、出力したファイルを他のソフトで読み込ませると、それらを自動的に数字として認識されてしまう場合があります。これらも、文字ととして指定してから読み込ませれば、そのまま読み込むことも可能ですが、ターゲットでは、環境設定のCSV形式出力設定で、これらの各コードの頭に2文字の英字を付加し、強制的に文字列として扱わせるように指定することも可能です。

◆CSV形式出力が可能な画面

 ターゲットでは、以下の画面から各CSV形式の出力が可能です。

出馬表
出馬表分析
タイムランク
買い目収支一覧
オッズ
出馬表その他ランク
馬データ検索
タイム分析
戦歴・レース検索
馬券シミュレーション
血統検索
産駒一覧
坂路調教一覧
開催成績CSV出力

 各画面の出力メニュー等から以下の特定CSV形式出力及び画面イメージCSV形式出力を行うことが可能です。特定CSV形式出力の項目レイアウトについてはリンク先を確認してください。 

成績CSV形式
配当CSV形式
出馬表CSV形式
出馬表分析CSV形式
出馬表分析・画面イメージCSV形式
タイムランクCSV形式
タイムランク・画面イメージCSV形式
馬データ検索CSV形式
馬データ検索・画面イメージCSV形式
買い目データCSV形式
買い目CSV形式
買い目収支CSV形式
オッズCSV形式
各オッズ画面CSV形式(各画面を参照)
各時系列オッズCSV形式
拡張MJH形式
出馬表着度数CSV形式
その他ランクCSV形式
タイム分析CSV形式
タイム分析・画面イメージCSV形式
戦歴・集計CSV形式
馬券シミュレーションCSV形式
血統データCSV形式
産駒データCSV形式
坂路調教CSV形式 
チェック馬CSV形式
基準タイムCSV形式

 の各形式があります。

 また、以下の形式は、CSV形式のファイルの読み込みにも対応しています。

買い目データCSV形式
買い目CSV形式
オッズCSV形式
拡張MJH形式
チェック馬CSV形式
基準タイムCSV形式
外部指数
レースID(戦歴・レース検索,馬券シミュレーション,開催分析)
馬名リストファイル(出馬表分析,馬データ検索)
血統登録番号リストファイル(出馬表分析,馬データ検索)


 CSV形式で出力したファイルは、エクセル等を利用して印刷することが可能です。ですが、特定CSV形式はできるだけ多くのデータを一括して出力し、他ソフト等とのデータのやり取りを主な目的としたもので、こちらはエクセルで読み込んでも、パッと見ただけで何がどのデータなのかわからないと思いますので、そのまま印刷してもあまり意味がありません。印刷する場合は、事前にエクセル内等で加工しておく必要があります。

 もうひとつの画面イメージCSV形式は、画面と同様の項目名が付けられたり、表示される項目も内容も画面と同じようなものになります。こちらは、桁合わせ等を行なえばそのまま印刷することも可能です。

 ですが、HTML形式のファイルでも、それが表であれば、エクセル等でCSV形式と同様にそのまま読み込むことが出来ます。この場合、HTML自体がカラーで出力されていれば、エクセル内もカラーで取り込まれます。また桁合わせ、左右中央寄せ等も自動的に行われますので、何も加工せずにそのまま印刷することが出来ます。もし印刷のためにCSV形式で出力をするのであれば、その画面にHTML形式の出力があれば、そちらを利用した方がこのように簡単になるケースもありますのでお試しください。
  1. 2010/11/11 20:55:03
  2. 2010/12/04 15:59:01
このFAQで疑問は解決しましたか?
※FAQを充実させるため、評価にご協力ください。
一つ前に戻る
トップに戻る