TARGET frontierJV(ターゲット) 使い方マニュアル

検索

  • AND検索 OR検索
分類
TARGET frontier JV 公式サイト JRA-VAN ホームページ
TARGET frontierJV> ヘルプ> 各データ画面の説明> 戦歴・レース検索>

■戦歴・レース検索について

 戦歴・レース検索画面とは、指定した条件で過去のレースを検索して行き、検索したレースを対象として、様々な項目で集計することを目的とした画面です。基本的な流れとしては、

 検索条件設定検索実行検索データの一覧各項目での集計

となります。このページでは、最初の起動から検索実行までについて説明いたします。その後の検索データの一覧各項目での集計については、それぞれのページをご覧下さい。


◆戦歴・レース検索の起動

 ターゲット内では、騎手や調教師や種牡馬、馬グループ等の過去の成績を検索する場合には、騎手戦歴調教師戦歴種牡馬戦歴馬グループ戦歴と呼んでいます。また、何か条件を指定して、過去のレースを検索する場合をレース検索と呼んでいます。呼び方は変化しますが、検索のスタートになる部分が違うだけで、基本的には内容は同じで、使える機能もほぼ共通です。まずは、それぞれの基本的な起動方法から紹介します。


◆騎手戦歴・調教師戦歴

 メニューパネルの騎手及び調教師ボタン横の戦歴ボタンを押すと、各選択画面になり、騎手や調教師を選択すると、最初に検索する条件の指定の画面、続いて期間等の指定の画面が表示されますが、何も指定せずに、Enterキーを2回押せば、まずは現在から過去に向かって、該当するレースを無条件に検索します。そのまま続けると、全てのデータを検索しますので、検索データ数が多いと時間がかかる可能性もありますので、時間がかかるようでしたら処理を中断させてみて下さい。データが足りない場合には、後から継続して検索することもできます。また、もちろん、無条件ではなく、何か条件を付けて検索することももちろん可能です。ただ、条件は、あとから絞り込むこともできますので、検索対象となるデータが多すぎたりして余計な時間がかかるような場合に条件を指定てし下さい。

 戦歴は、出馬表等からの騎手名・調教師名を右クリックしたメニュー内や、また、騎手データ画面調教師データ画面からも実行可能ですので、基本的には、騎手名や調教師名が表示されているほぼ全ての画面から起動することができます。


◆種牡馬戦歴

 出馬表や血統画面等の種牡馬名を右クリックした場合に表示される「~の産駒の戦歴」と表示されたメニューから実行できます。最初に検索する条件の指定の画面、続いて期間等の指定の画面が表示されますが、何も指定せずに、Enterキーを2回押せば、まずは現在から過去に向かって、該当するレースを無条件に検索します。そのまま続けると、全てのデータを検索しますので、検索データ数が多いと時間がかかる可能性もありますので、時間がかかるようでしたら処理を中断させてみて下さい。データが足りない場合には、後から継続して検索することもできます。また、もちろん、無条件ではなく、何か条件を付けて検索することももちろん可能です。ただ、条件は、あとから絞り込むこともできますので、検索対象となるデータが多すぎたりして余計な時間がかかるような場合に条件を指定てし下さい。

 ただし、種牡馬戦歴は、他の戦歴と比較して、検索時間が多少余計にかかります。また、種牡馬の戦歴、以下の馬グループ戦歴を利用した方法でも検索が可能で、特に検索する世代を限定したいような場合には、そちらの方法の法が効率的に検索できます。


◆馬グループ戦歴

 複数の馬をグループとして、戦歴を検索します。例えば、POGであれば、その対象となる馬をリストアップしておけば、簡単に全馬の戦歴を一括して検索し、仮想馬主機能を利用していれば、各ペーハーオーナーごとの集計も簡単にできます。

 また、特定の種牡馬の産駒等、何らかの条件で馬をグループ化し、その全体を一括して検索し、そのグループ全体の特徴を分析するというような用途でも利用可能です。ターゲット内での種牡馬の産駒や馬主の所有馬の成績を調べる場合には、この機能が自動的に利用されています。馬グループ戦歴は、馬データ検索画面で検索した馬を対象として実行できますので、単純に特定の種牡馬の産駒等ではなく、チェック種牡馬機能を使った特定のニックスの産駒とか、あるいは種牡馬と毛色の組合せで選択した馬等、様々なグループで検索できます。もちろん、POG機能と同様に馬名リストで何のつながりもない複数の馬をグループとすることもできますので、馬名をリストアップできれば、基本的には何でも可能です。

 馬グループ戦歴は、馬名リストファイルが作成されている場合には、メニューパネルの馬データ検索ボタン横の▼内メニューから直接実行可能です。また、馬データ検索画面で検索した馬についても、上部の戦歴ボタンから実行可能です。こちらでも、馬名リストファイルを読み込むことが出来ます。その他、メニューパネルの競走馬ボタンから開かれる馬名検索画面からも一括戦歴ボタンで実行可能です。種牡馬の産駒一覧や兄弟馬や近親馬の一覧等もこれらの画面が利用されますので、産駒一覧→戦歴という流れで、種牡馬等の戦歴が検索可能です。

 馬名リストを利用した場合の詳細の内容や実際の方法については、こちら(馬グループ戦歴)をご覧下さい。


◆レース検索

 基本的には、メニューパネルのレース検索ボタンから実行します。最初に戦歴・レース検索条件設定画面になりますので、検索したい条件を設定して下さい。G1レースであれば、プリセット機能があり、レース名を選択するだけで、過去のG1レースをほぼ検索できるはずです。

 また、出馬表や成績画面等の検索メニューからは、そのレースと同じ条件や、同じコースのレースを検索できます。これらを実行すると、レース検索が起動され、それらの条件が自動的に設定された状態で戦歴・レース検索条件設定画面が開きます。この時点で条件を変更したり、選択対象馬を変更することも可能です。

◆検索範囲の設定

 条件を指定すると、続いて検索範囲の設定画面が表示されます。検索は中断できますので、通常はデータがある限り無条件(1980年まで)を実行しても問題ありません。ただ、特定期間や特定数のデータを様々な条件で検索して結果を比較するような場合には、開始及び終了日を設定したり、戦数等を指定して下さい。また、検索したい開催が決まっていたり、また、レースがリストアップされているような場合にも対応できます。詳細については、こちら(検索範囲の設定画面)をご覧下さい。

無条件または期間や件数指定で実行した検索を中断したような場合には、継続/再検索ボタンを押すと、その範囲内で同じ条件で検索を続行できます。また、期間指定検索ボタンを押すと、検索範囲指定画面になり、検索の終了条件を変更できますが、検索は全て再検索となります。ただ、一度検索した対象であれば、初回よりも格段速く検索できます。


◆検索条件の設定ポイント

 戦歴・レース検索では、レース自体を検索するのではなく、実際はそのレースの中の馬を検索します。
戦歴・レース検索条件設定画面では、検索するレースの条件をまずは設定し、見つかったレースの中で、また条件に合致する馬をデータとして読み込みます。ピックアップする馬の条件は、画面右下の選択馬の条件設定の部分になります。

 騎手・調教師戦歴のような場合には、何も条件を設定しなければ、レースを検索する条件は無く、選択馬の条件として、その騎手の騎乗馬、調教師の管理馬が唯一の条件ということになります。

 逆にレース検索から実行するような場合には、レース自体の検索を主な目的とするのであれば、その代表として1着馬のみを検索した方がわかりやすいので、レース検索を実行した場合には、最初の条件として、選択馬の条件として着順の範囲が1着馬のみとなっています。例えば、過去のG1レースを振り返りたいということで、このまま検索して、それぞれの成績画面を見たいのであれば、その検索結果から確認可能です。

 しかし、このレース検索自体でG1の傾向を探りたいというのであれば、基本的には全馬を検索する必要があります。その場合は、着順の範囲を全体に広げて検索して下さい。そうすれば、そのG1レースに出走していた全馬のデータが読み込まれ、その後に、例えば、人気別の成績や騎手別の成績、種牡馬別の成績、前走関係での分析等が簡単に行えます。

 これはコースを分析する場合も同様です。コース自体の傾向を調べたいのであれば、選択馬は全馬となります。

 その他としては、1番人気馬の成績を調べたいとか、また、逃げ馬の成績等であれば、選択馬の条件で限定できます。ただ、こちらは、全馬を検索した場合でも、各集計画面で確認できますのです、あまり無駄なデータを読み込みたくないような場合に事前に設定して下さい。

 また、馬とは直接関係無く、例えば、配当を見たいということであれば、1着馬を検索すれば、基本的にはほぼ全ての配当が一覧できます。

 ターゲットのレース検索は、検索後にもマーク機能や右クリック機能で様々な条件でデータを絞り込むことができますので、容量や時間的に余裕がある場合には、検索後に絞り込むようにした方が便利です。逆に、事前に絞り込めば、より高速に検索できます。特に開催を限定できるような、場所のような条件を設定すると、検索対象となるファイルの量が大幅に減りますので、より高速に検索できます。



 検索後の画面については、検索データの一覧及び各項目での集計のページをご覧下さい。


【注意】
 検索対象は、基本的には中央競馬のレースに限られます。これは、JRA-VANのデータの中には、地方競馬海外競馬の成績も登録されてはいますが、全てが揃っているわけではないことと、また、登録されているデータについても、様々な項目が未設定で、最終的に集計等を目的とするこの画面では、不完全なデータが混入すると、その集計結果そのものの意味が無くなってしまうためです。それぞれの具体的な未設定項目等については、上記のリンク先を参照して下さい。ただし、前走項目としては、地方競馬や海外競馬の読み込みは可能で、前走の条件としては利用可能です。

 その他、POG等のためとして、馬グループ戦歴については、地方競馬のレースも検索対象とできる機能もあります。こちれは馬データ検索から実行可能です。ただし、もちろん多くの集計機能に条件が付きますので、こちらを利用する場合には、用途を限定した上で、細心の注意を払ってご利用ください。

 現在は特に容量制限をもうけていません(一応最大100万件まで)が、お使いのコンピュータのメモリ搭載量及びハードディスクの空き容量で制限されます。ただし、自動判定はしていませんので、あまり大量の検索はしないで下さい。どんな場合でも最大で5万件程度に止めて下さい。







このQ&Aを見た人は、他にこんなQ&Aも参照しています。

  1. 2010/11/11 20:46:14
  2. 2010/11/30 15:17:21
このFAQで疑問は解決しましたか?
※FAQを充実させるため、評価にご協力ください。
一つ前に戻る
トップに戻る