TARGET frontierJV(ターゲット) 使い方マニュアル

検索

  • AND検索 OR検索
分類
TARGET frontier JV 公式サイト JRA-VAN ホームページ
TARGET frontierJV> ヘルプ> 用語の解説>

■場所メモ

 出馬表の各画面や成績メニュー、成績画面等で、競馬場を特定できる画面では、その場所名をキーとして場所メモファイルを開くことが出来ます。外部ファイルのひとつです。

 場所の特性等で、気がついたことがあった場合は、これを開いてメモとして書いておけば、他の日や他の開催のレースの出馬表等からもこのメモを開くことができ、以前に書いたメモを役立てることができます。次の開催へのメモや、中山開催時に東京開催へのためのメモを書いたと、いろいろな用途で利用できます。

 場所メモファイルのファイル名の仕様は以下の通りです。

 場所名(漢字2字)+任意の文字+.TXT 例:東京.TXTや東京コース.HTM,東京競馬場.BMP

 ファイルは、環境設定の入出力用フォルダの設定の外部ファイル用フォルダで設定されたフォルダに置きます。通常は、データフォルダ内のEX_DATAフォルダになります。

 拡張子は任意のものが可能ですが、それらの拡張子に関連付けされたプログラムが自動的に起動されますので、関連付けされていない拡張子はご利用できません。

 また、地方競馬場にも対応していますので、地方成績画面でも同様に場所メモを開くことが可能です。

 この例のようなファイルを作り、環境設定で指定した外部ファイルのフォルダ(通常はデータフォルダ内のEX_DATAフォルダ)に入れておけば、当該場所の出馬表や成績から、簡単にそのテキストファイルを閲覧したり編集したりすることができます。

 また、各画面から場所メモファイルを作成することもできますので、そこで気が付いたことをメモしておけば、後々すぐに引き出してみることができます。




このQ&Aを見た人は、他にこんなQ&Aも参照しています。

  1. 2010/11/11 20:40:40
  2. 2010/12/04 10:18:20
このFAQで疑問は解決しましたか?
※FAQを充実させるため、評価にご協力ください。
一つ前に戻る
トップに戻る