TARGET frontierJV(ターゲット) 使い方マニュアル

検索

  • AND検索 OR検索
分類
TARGET frontier JV 公式サイト JRA-VAN ホームページ
TARGET frontierJV> ヘルプ> 用語の解説>

■レースコメント


【注意】
レースコメントは、Ver5.58以降で仕様が変更され、それまであった全角30字という制限が撤廃され、文字数は無制限となりました。以下の内容はこの新しい仕様に対する説明です。旧仕様から新仕様への変換については、このページの後方を参照して下さい。

レースコメントは、レースの各馬ではなく、レース全体に対するコメントで、レースごとに設定することが可能です。文字数の制限はありません。

◆コメント表示・編集

レースコメントは、成績画面出馬表画面レース映像ガイド画面を開いたときに自動的に検索され、存在する場合は下段に表示されます。それらの画面での入力、編集、削除が可能です。また、出馬表レース選択画面・リスト表示形式出馬表分析画面馬データ画面本日集計画面タイム分析画面タイムランク画面対戦成績画面成績メニュー画面レース検索画面で対象となる複数のレースのレースコメントを一覧できます。また、画面によっては出力も可能です。

メインメニューのコメント一覧からレースコメントの一覧が可能です。こちらは、レースコメントのあるレースの1着馬をレース検索で検索して表示します。また、検索条件としてもレースコメントありのレースを検索することが可能で、他の条件と組み合わせて、特定の条件のレースのレースコメントだけを一覧・出力することも可能です。また、レース検索画面のマーク機能を利用すると、レースコメントに指定した文字列が含まれているデータを検索してマークすることもできます。

◆出力・エクスポート機能

レースコメントは、多数の画面で一覧表示が可能です。また、一覧表示が可能な画面の多くで、様々な形式での出力も可能です。

レース検索画面からは、レースコメントのエクスポートが可能です。エクスポートしたデータは、そのまま他のターゲットで読み込むこと(インポート機能)が可能で、全てのレースコメントや、特定の条件でレースコメントをコピーすることも可能です。

また、コメント部分が空の状態での出力も可能で、このファイルをエクセル等で読み込み、コメントを入力したり、自動生成して作成したファイルを以下のインポート機能でターゲットに読み込むことも可能で、コメント等を外部から一気に取り込めます。

他では、出馬表からの本日集計画面からもレースコメントのエクスポートが可能です。成績が確定していない段階では、レース検索は機能しませんので、出馬表までの段階でのレースコメントをエクスポートする場合には、この画面から行なってください。1日単位で一括出力が可能です。また、この画面ではコメントが空のデータも出力されますので、外部入力用の雛形としても利用可能です。

◆一括登録(インポート) 

レースコメトンは、所定の形式で作成されたCSV形式のファイルを読み込むことで、一括してターゲット内に登録することが可能です。インポートは、メインメニューのファイルからのコメント一括登録でレースコメントを実行し、当該ファイルを指定します。読み込む最には、同一レースについて、既存のコメントがある場合がありますので、そのときにどう処理するかの指定を最初に決めます。処理には以下の内容があります。

上書き 既存のコメントを破棄して、新しくコメントを設定します。
スキップ 既存のコメントを残し、新しいコメントは登録しません。
後に結合 既存のコメントの後に結合文字列を挟んで新しいコメントを追加します。
前に結合 既存のコメントの前に結合文字列を挟んで新しいコメントを追加します。
中止 登録処理を中止します。
毎回選択 既存のコメントがある場合、毎回この選択メニューが表示され、
処理を選択します。その場合、双方のコメントも表示されます。

既存コメントと新規コメントの内容が完全に同一の場合には、自動的に処理はスキップされます。ですので、同一コメントをあえて結合するというような処理はできません。また、前後に結合時の結合文字列はこの画面で指定が可能で、その内容は以降、保持されます。また、登録処理終了時には、何件のデータがどのように登録されたのかが表示されます。

コメントが空欄のデータは無視されます。つまり、このインポート機能で、コメントを空欄に設定することはできません。

前述のエクスポート機能で出力されたファイルは、そのまま読み込めますので、他のターゲット等に移動したりコピーすることが可能です。

また、レース検索画面からのエクスポートでは、コメントが無いデータも出力できます。つまり、コメント欄が空欄のファイルを作成することが可能で、例えば、それをエクセルに読み込んで、コメント欄を自動的に生成したり、あるいは、他のソフト等でコメント欄を埋めることによって、外部でコメントを生成し、このインポート機能で再度ターゲット内に取り込むことができます。

◆インポートファイルの仕様

レースコメントのインポートファイルの仕様は、基本的には以下のCSV形式のどれかになります。

(1)レースID(馬番無),コメント
(2)(ANY),レースID(馬番無),コメント
(3)(ANY),(ANY),レースID(馬番無),コメント

レースID(馬番無)をキーとして登録されます。(ANY)の部分は基本的には何でも構いませんが、前の項目から順にレースIDを認識しますので、レースIDと紛らわしい内容のものは避けてください。紛らわしいと、誤認識される可能性があります。日付(数字のみの表記は避けて下さい)や開催名、レース名等であればほぼ大丈夫です。  

前述のエクスポート用のCSV形式で出力されるファイルは、(2)の形式で、最初の項目には開催名が入ります。また、ターゲット内に蓄積しているレースコメントのファイルは、(1)の形式です。

レースIDは、新仕様でも旧仕様でも構いませんが、馬番があるものは認識されません。これは、誤って他のコメントファイルを読み込ませた場合に、読み込まないようにするためです。また、レースIDの頭に'RX'が付いていても構いません。ですので、読み込めるレースIDは、新仕様で16桁、旧仕様で8桁、または、それぞれの頭に'RX'が付いて、18桁及び10桁の計4種類だけが認識されます。

◆一括設定

レース検索や、出馬表分析では、検索あるいは選択済みのレースに対して、同一内容のレースコメントを一括して設定することが可能です。この場合も、インポート時と同様に上書きや前後への追加等の指定が可能です。

◆一括削除

レースコメントは、メインメニューから全てのコメントを一括削除することが可能です。ただし、一度削除したコメントデータを元に戻すことは出来ませんのでご注意ください。

また、レース検索や、出馬表分析では、検索あるいは選択済みのレースに対して、レースコメントを一括して削除することが可能です。特定のレースのコメントだけを削除するような場合に利用します。

また、下記の仕様で各フォルダ保存されていますので、それらのファイルをファイル単位で直接削除することも可能です。

◆レースコメントの仕様

レースコメントのファイルは、データフォルダの中の、MY_DATAフォルダ内のRACE_COMフォルダ内の年別フォルダに格納されます。ファイル名は、RC+(場所コード2桁)+(生年西暦下2桁)+(回次1桁)+.DATです。ですので、同一年では、最大で開催数分(36個)のファイルに分割されます。データファイル内の個々のレースの識別は旧仕様のレースIDで行っています。ですので、回次や日次が一致していれば、日付が違っていても認識されます。つまり、レースが延期された場合でも、同一レースであれば、そのままコメントが表示されます。

特別登録の段階では、出馬表確定時にレース番号が変更される場合があり、レースIDが確定していないため、その時点でレースコメントを入力することはできません。

◆旧仕様のレースコメント

Ver5.57以前では、レースコメントは、全角30字という制限のある仕様でした。Ver5.58以降では、この旧仕様のレースコメントは、基本的には表示・編集等を行なうことは出来ません。ただし、メインメニューのコメント一覧内の一番下のメニューで、旧レースコメントを一覧表示することが可能です。編集はできませんが、一括削除や、あるいは新仕様での一括エクスポートも可能です。

メインメニューの旧仕様コメントの一括変換で、旧仕様のレースコメントを一括して新仕様に変換することが可能です。この場合、旧仕様のレースコメントのデータは削除されずに残ります。上記の機能等で削除は可能ですが、変換後の内容を一覧画面等で確認してから削除して下さい。一度削除したコメントデータを元に戻すことは出来ません。

 


 





このQ&Aを見た人は、他にこんなQ&Aも参照しています。

  1. 2010/11/11 20:20:27
  2. 2010/12/04 08:36:14
このFAQで疑問は解決しましたか?
※FAQを充実させるため、評価にご協力ください。
一つ前に戻る
トップに戻る