TARGET frontierJV(ターゲット) 使い方マニュアル

検索

  • AND検索 OR検索
分類
TARGET frontier JV 公式サイト JRA-VAN ホームページ
TARGET frontierJV> ヘルプ> 用語の解説>

■結果コメント


【注意】
 結果コメントは、Ver5.60以降で仕様が変更され、それまであった全角30字という制限が撤廃され、文字数は無制限となりました。以下の内容はこの新しい仕様に対する説明です。旧仕様から新仕様への変換については、このページの後方を参照して下さい。

 結果コメントは文字通りレース結果に対するコメントで、レース結果に対する感想や、次回出走時の注意ポイント等を記入します。


◆コメント表示・編集

 基本的に入力は、成績画面出馬表画面の一覧表示から行います。また、馬データ画面からは、これらのコメントを時系列に一覧表示できます。

 出馬表からは、前走の結果コメントを、前走コメントとして一覧表示できます。

 出馬表分析では、その日の全レースを対象として、結果コメント及び前走の結果コメントを一覧したり、内容で検索したり、レース検索では、検索したデータを対象として結果コメントを一覧したり、馬データ画面では、その馬に対する結果コメントを時系列で一覧することも可能です。また、それぞれの画面で出力も可能です。

 メインメニュー内のコメント一覧からは全結果コメントを一覧したり、あるいは一括して削除したり、ファイルからインポートを行なうことも可能です。また、各一覧画面や検索画面からは、コメントのエクスポートや、コメント入力用の雛形としてのエクスポートも可能で、それらのファイルを外部で加工したり作成したコメントをインポートすることもできます。また、インポート時には、上書きだけでなく、既存コメントの後や前に結合することも可能ですので、様々な用途に対応できます。

◆出力・エクスポート機能

 結果コメントは、多数の画面で一覧表示が可能です。また、一覧表示が可能な画面の多くで、様々な形式での出力も可能です。

 レース検索画面からは、結果コメントのエクスポートが可能です。エクスポートしたデータは、そのまま他のターゲットで読み込むこと(インポート機能)が可能で、全ての結果コメントや、特定の条件で結果コメントをコピーすることも可能です。

 また、コメント部分が空の状態での出力も可能で、このファイルをエクセル等で読み込み、コメントを入力したり、自動生成して作成したファイルを以下のインポート機能でターゲットに読み込むことも可能で、コメント等を外部から一気に取り込めます。

 他では、出馬表からの出馬表分析画面からも結果コメントのエクスポートが可能です。成績が確定していない段階では、レース検索は機能しませんので、出馬表までの段階での結果コメントをエクスポートする場合には、この画面から行なってください。1日単位で一括出力が可能です。また、この画面ではコメントが空のデータも出力されますので、外部入力用の雛形としても利用可能です。


◆一括登録(インポート)

 結果コメトンは、所定の形式で作成されたCSV形式のファイルを読み込むことで、一括してターゲット内に登録することが可能です。インポートは、メインメニューのファイルからのコメント一括登録で結果コメントを実行し、当該ファイルを指定します。読み込む最には、同一データについて、既存のコメントがある場合がありますので、そのときにどう処理するかの指定を最初に決めます。処理には以下の内容があります。

上書き 既存のコメントを破棄して、新しくコメントを設定します。
スキップ 既存のコメントを残し、新しいコメントは登録しません。
後に結合 既存のコメントの後に結合文字列を挟んで新しいコメントを追加します。
前に結合 既存のコメントの前に結合文字列を挟んで新しいコメントを追加します。
中止 登録処理を中止します。
毎回選択 既存のコメントがある場合、毎回この選択メニューが表示され、処理を選択します。その場合、双方のコメントも表示されます。

 既存コメントと新規コメントの内容が完全に同一の場合には、自動的に処理はスキップされます。ですので、同一コメントをあえて結合するというような処理はできません。また、前後に結合時の結合文字列はこの画面で指定が可能で、その内容は以降、保持されます。また、登録処理終了時には、何件のデータがどのように登録されたのかが表示されます。

 コメントが空欄のデータは無視されます。つまり、このインポート機能で、コメントを空欄に設定することはできません。

 前述のエクスポート機能で出力されたファイルは、そのまま読み込めますので、他のターゲット等に移動したりコピーすることが可能です。

 また、レース検索画面からのエクスポートでは、コメントが無いデータも出力できます。つまり、コメント欄が空欄のファイルを作成することが可能で、例えば、それをエクセルに読み込んで、コメント欄を自動的に生成したり、あるいは、他のソフト等でコメント欄を埋めることによって、外部でコメントを生成し、このインポート機能で再度ターゲット内に取り込むことができます。


◆インポートファイルの仕様

 結果コメントのインポートファイルの仕様は、基本的には以下のCSV形式のどれかになります。

 (1)レースID(馬番有り),コメント
 (2)(ANY),レースID(馬番有り),コメント
 (3)(ANY),(ANY),レースID(馬番有り),コメント

 レースID(馬番有り)をキーとして登録されます。(ANY)の部分は基本的には何でも構いませんが、前の項目から順にレースIDを認識しますので、レースIDと紛らわしい内容のものは避けてください。紛らわしいと、誤認識される可能性があります。日付(数字のみの表記は避けて下さい)や開催名、レース名、馬名等であればほぼ大丈夫です。

 前述のエクスポート用のCSV形式で出力されるファイルは、(3)の形式で、最初の項目には開催名、2番目の項目には馬名が入ります。また、ターゲット内に蓄積している結果コメントのファイルは、(1)の形式です。

 レースIDは、新仕様でも旧仕様でも構いませんが、馬番が無いものは認識されません。これは、誤って他のコメントファイルを読み込ませた場合に、読み込まないようにするためです。ですが、予想コメントと結果コメントは全く同一の仕様で、ファイル名のみが違うという形式ですので、間違えてインポートするそのまま読み込まれてしまいます。インポート時等には必ずご確認ください。また、レースIDの頭に'RX'が付いていても構いません。ですので、読み込めるレースIDは、新仕様で18桁、旧仕様で10桁、または、それぞれの頭に'RX'が付いて、20桁及び12桁の計4種類だけが認識されます。

◆一括削除

 結果コメントは、メインメニューから一括削除することが可能です。ただし、一度削除したコメントデータを元に戻すことは出来ませんのでご注意ください。

 また、下記の仕様で各フォルダ保存されていますので、それらのファイルを直接削除することも可能です。


◆結果コメントファイルの仕様

 結果コメントは、MY_DATAフォルダ内のKEK_COMフォルダ内に格納され、その中の年単位のサブフォルダ内に開催日単位でファイル化されています。ファイル名はKCppyykn.DATです(pp:場所コード,yy:西暦下2桁,k回次,n:日次)。ファイルの内容は、各行ごとに1件のデータで、旧仕様のレースIDとコメントがカンマで区切られた基本的なCSV形式です。ファイル内の順番は不問です。

◆旧仕様の結果コメント

 TARGET frontier JV Ver5.59以前は、結果コメントは字数に制限のある旧仕様でした。旧仕様の結果コメントのファイルは、データフォルダの中の、MY_DATAフォルダの中にあります。ファイル名は、
MSyyk場.DATです。

 また、メインメニューのコメント一覧旧コメント一覧から、旧仕様のコメントを年単位で一覧表示したり、一括して削除したり、エクスポート出力することが可能です。ただし、Ver5.60以降のターゲットでは、旧仕様のコメントの入力・編集はできません。

 メインメニューの旧仕様コメントの一括変換で、旧仕様の結果コメントを一括して新仕様に変換することが可能です。この場合、旧仕様の結果コメントのデータは削除されずに残ります。上記の機能等で削除は可能ですが、変換後の内容を一覧画面等で確認してから削除して下さい。一度削除したコメントデータを元に戻すことは出来ません。




このQ&Aを見た人は、他にこんなQ&Aも参照しています。

  1. 2010/11/11 20:19:49
  2. 2010/12/04 08:32:03
このFAQで疑問は解決しましたか?
※FAQを充実させるため、評価にご協力ください。
一つ前に戻る
トップに戻る