TARGET frontierJV(ターゲット) 使い方マニュアル

検索

  • AND検索 OR検索
分類
TARGET frontier JV 公式サイト JRA-VAN ホームページ
TARGET frontierJV> ヘルプ> TARGET Frontier JVの基本的な使い方>

■初めて使う方へ

 TARGET frontier JVを操作していて、わからないことがあった場合は、その画面でF1キーを押して下さい。その画面に関する説明(ヘルプ)が表示されます。

 TARGET frontier JVには、とてもたくさんの機能があり、その全てを使いこなすのは、作者である私でも不可能なほどです。ですから、最初から全ての機能を理解しようとする必要はありません。まずは、これまであなたが予想するときなどに行ってきた作業の一部をTARGET frontier JVでできるようにしてみて下さい。そうすれば、どんなことができるのか次第にわかって来ると思います。そして、操作にも慣れてくると、作業のスピードもアップしてきて、どんどんと作業が効率化されてきて、時間的な余裕が生まれると思います。そうしてできた時間で、また別の機能を試してみると、TARGET frontier JVに関する新たな発見があると思います。まずは、自分が必要とする機能のみをマスターするようにして下さい。また、それでもどのようにして使ったら良いのかがわからない場合は、とりあえず、入門的な使い方としては、こちらをご覧ください。

◆TARGET frontier JVを動かすためには

 まずは、動作環境を確認して、TARGET frontier JVの動作に足りないものがあれば、準備して下さい。

 JRA-VAN Data Labのサービスに加入していない場合は、データの登録が全くできませんので、ほぼ全ての機能が利用できません。ですので、まずはJRA-VAN Data Labに加入して下さい。そして、JV-Linkをインストールし、環境設定等のJRA-VANデータの登録利用キーを入力して下さい。


◆データの登録

 JRA-VAN Data Labへの加入が済んでいる場合は、早速データの登録を行ないます。過去の全てのデータを登録すると、1986~2003年の18年分のデータで、約1.3Gバイトになりますので、それ以上、できれば5G程度のハードディスクの空き容量を確認してください。

 データの登録は、通常のデータの登録と、過去のデータの登録との2つに分かれます。過去のデータの登録は基本的には最初に1回だけ行なう作業で、これをセットアップと呼びます。TARGETでは、過去の全てのデータをフルセットアップを実行して登録します。

 セットアップは非常に時間のかかる作業ですので、できればコンピュータが空いている時間のあるときに行なってください。セットアップ作業自体は中断して再開することが可能ですが、基本的に過去のデータから順に登録していきますので、中断しても、古いデータしか見ることが出来ません。ですので、できれば時間のあるときに、一気に行なってください。

 ただ、どうしても時間が取れない場合や、とりあえず予想をしたいとか、あるいはいくつかの機能を試してみたいという場合には、簡易セットアップ機能も用意しています。こちらであれば、フルセットアップの数分の1の時間で完了します。

 セットアップが完了すれば、あとは簡単です。TARGET frontier JVを起動するたびに、データ登録を実行して下さい(最大でも1日1回程度で十分です)。また各データが提供されるタイミングを確認して行なえば、効率的に全てのデータが取得できます。

 また、TARGET frontier JVの補正タイム指数やTGXの各指数が見たい場合は、データ登録ボタンを右クリックして、その中の基準タイムファイルのダウンロードと登録も毎週実行して下さい。

 また、特に用途が決まっていない方は、こちらを参考にして下さい。

 インターネット上のTARGET Diffusionのホームページ(http://target.a.la9.jp/)でTARGETに関する情報の公開を行っています。今後掲示板を作成する予定はありますが、現状では質問やリクエスト等はメールでお願いいたします。




このQ&Aを見た人は、他にこんなQ&Aも参照しています。

  1. 2010/10/27 19:00:21
  2. 2017/02/28 10:55:49
このFAQで疑問は解決しましたか?
※FAQを充実させるため、評価にご協力ください。
一つ前に戻る
トップに戻る