TARGET frontierJV(ターゲット) 使い方マニュアル

検索

  • AND検索 OR検索
分類
TARGET frontier JV 公式サイト JRA-VAN ホームページ
TARGET frontierJV> ヘルプ> Q&A>

■データのバックアップは?

 TARGET frontier JVには、様々なデータが登録されていますが、競馬関係のデータについては、フルセットアップ等を実行すれば、常に最新のデータに復元できますので、基本的にはバックアップをとる必要はありません。フルセットアップは時間はかかりますが、Data Labに加入している限り追加料金がかかることもありませんので、時間的な余裕がある場合は、わざわざ膨大なデータをバックアップする必要は無いかと思います。それでも、どうしてもという場合には、丸ごとバックアップして下さい。

 ですが、独自に設定したり入力したデータ(個人データ)については、それが無くなってしまうと復元する方法はありませんので、これらのデータについてはむしろ頻繁にバックアップすることをお勧めします。バックアップする必要があるのは以下のデータです。基本的には、プログラムフォルダのファイルとMY_DATAフォルダ及びEX_DATAフォルダ内のファイルです。

 ここでは、個人データのみのバックアップについての解説になります。他のデータを含めてターゲットの全てのデータをバックアップする方法については、こちらをご覧下さい

◆個人データファイル(MY_DATA、EX_DATAフォルダ内他)

 MY_DATAフォルダ内には、設定した印や、入力したコメント、買い目画面で入力したデータが保存されています。また、EX_DATAフォルダ内には、各種メモ等が保存されています。その他、利用方法によっては、KCOM_DATAフォルダFUKA_TIMEフォルダにも個人データが蓄積されます。

MY_DATA 
  予想コメントファイル(YOS_COM\yyyy\YC*.DAT)
  結果コメントファイル(KEK_COM\yyyy\KC*.DAT)
  レースコメント(Race_Com\yyyy\RC*.DAT)
  KOL関係者コメント(KOL1 _ COM\yyyy\K1*.DAT)
  KOL次走へのメモ(KOL2 _ COM\yyyy\K2*.DAT)
  馬コメントファイル(Uma_Com\yyyy\MU*.DAT)
  騎手コメント(KISI_COM\KICM*.DAT)
  調教師コメント(CHOK_COM\CKCM*.DAT)
  コースメモ(TRAK_MEM\CM*.TXT)
  買い目データファイル(PD*.CSV)
  レース印馬印1ファイル(UM*.DAT)
  馬印2ファイル(UmaMark2\UM*.DAT)
  馬印3ファイル(UmaMark3\UM*.DAT)
  特別登録・馬印1ファイル(TK_MARK\yyyy\TM*.DAT)
  特別登録・馬印2ファイル(TK_MARK2\yyyy\TM*.DAT)
  特別登録・馬印3ファイル(TK_MARK3\yyyy\TM*.DAT)

(ただし、買い目ファイルのフォルダは環境設定で変更が可能です。また、MY_DATAフォルダ自体もTFJV.DEFで変更が可能ですので、変更されている場合には、そちらを対象にして下さい)

  旧予想コメントファイル(MD*.DAT)
  旧結果コメント・レースコメントファイル(MS*.DAT)
  旧馬コメントファイル(MU*.DAT)

KCOM_DATA
   旧競馬道オンラインのコメントデータ

FUKA_TIME
   付加タイムを設定している場合は、この中に年別にデータが蓄積されます。 

EX_DATA 
  外部データ関係のデータがあり、出馬表レース選択画面の本日メモや、
  その他のメモ、外部ファイルが蓄積されます。

 ※KOLの各コメント自体は個人データではありませんが、その仕様でコメントを入力している場合には、個人データということになります。

◆チェックファイル、履歴ファイル、設定ファイル等(プログラムフォルダ内=プログラムをインストールしたフォルダ内)

 チェック馬やチェック種牡馬、各種入力の履歴、また印の設定等のデータが記録されています。これらも上の個人データファイルと同様に、この世に2つ存在しないファイルです。同様にバックアップすることをお勧めします。

 TFJV.INI             環境設定ファイル
  (このファイルは、バックアップとして復元する場合にのみ意味を持ちます。他の環境に
  コピーして利用する場合には、フォルダの相対化保持の指定をして下さい)
 CHECKUMA.LST       チェック馬リストファイル
 CHECKKETTO.LST      チェック種牡馬ファイル 
 CHECKOWNER.LST        チェック馬主ファイル 
 CHECK_KI.LST        チェック騎手リストファイル
 CHECK_CH.LST        チェック調教師リストファイル
 ILnkUma.LST,ILnkUmaV.LST 馬データ用インターネットリンクの設定リスト
 ILnkRace.LST           レース用インターネットリンクの設定リスト
 ExtIndex.LST          外部指数設定ファイル
 ItemSize.LST         表示幅の保持が可能な項目(コメントS等)の表示幅リスト
 TGBMRace.LST          レース用しおりリスト
 TGBMUma.LST         馬名用しおりリスト
 TG*.LST            各入力履歴ファイル

 
【注意】
 これらのリストファイルは、基本的にはTARGET frontier JVの起動時に読み込まれ、終了時に書き戻されます。ですので、バックアップしたファイルを元に戻す場合は、必ずTARGET frontier JVが終了している状態で行なってください。起動中にコピーしましても、データとしては読み込まれませんし、また終了時に上書きされて内容が消えてしまう可能性も高いのでご注意ください。
  1. 2010/11/11 20:03:49
  2. 2010/11/27 16:47:44
このFAQで疑問は解決しましたか?
※FAQを充実させるため、評価にご協力ください。
一つ前に戻る
トップに戻る