TARGET frontierJV(ターゲット) 使い方マニュアル

検索

  • AND検索 OR検索
分類
TARGET frontier JV 公式サイト JRA-VAN ホームページ
TARGET frontierJV> マニュアル> 「レース検索」から調べる>

■前走2着馬の成績を調べたい

(TARGET frontier JV Ver5.72 Rev011を使用して作成しております)

 前走2着馬というのは、勝利にもっとも近い馬というイメージがあるかと思います。実際のところ、その成績はどの程度のものなのでしょうか?
 ここでは、前走2着馬の成績を抽出するためのもっとも簡単な方法をご紹介します。

 まず、メインメニューから「レース検索」を選びます。



 レース条件を設定します。ここでは平地競走のみを対象としますので、コースに「芝とダート」を選びます。
 設定したら、「次(選択馬の条件)」をクリックして下さい。



 続いて、選択馬の条件を設定します。着順範囲を「2~2着」と設定します。
 設定できたら、「次(検索範囲の指定)」をクリックして下さい。



 検索期間を設定します。ここでは、2008年から2009年までに行われた平地競走の2着馬を対象とします。検索開始日を「2009年12月31日」に、検索終了日を「2008年1月1日」と設定します。
 設定したら、「検索実行」をクリックして下さい。



 当該期間内における2着馬の戦歴データが読み込まれました。
 これらの馬の次走成績が、いま調べたいデータ(前走2着馬の成績)ということになりますので、「表示(V)」から「各馬の次走成績を別画面で一覧する」を選びます。



 期間内の平地競走における2着馬の次走成績が示されました。これが前走2着馬の成績ということになります。
 しかし、ここには前走からクラスが変動している馬も含まれています。前走とクラスが変わっている馬(降級や格上挑戦など)を排除したいので、「項目集計」の右をクリックして「前走クラス」を選びます。



 前走データの読み込みが必要となりますので、Shift+F11を押下するか、上の「前走読込」ボタンをクリックして下さい。



 前走からクラスが変動している馬を排除します。「昇級戦」の部分にカーソルを当てて、「右クリック→該当データを削除する」を選びます。
 同様に「降級戦」も削除します。



 これで前走2着馬(前走も今回も同クラスの馬)の成績を求めることができました。
 ここでは例として、前走の着差別成績を見てみましょう。「項目集計」の右から「前走着差」を選んで下さい。



 出てきた画面が前走2着馬(前走も今回も同クラスの馬)の前走着差別成績ということになります。
 前走2着になったはずなのに、どうして勝った馬がいるのか不思議に思われるかもしれませんが、このデータには前走で1位入線から2着に降着となった馬が含まれるためです。
 もし、このような馬を排除したいのであれば、最初のレース検索設定画面で着順範囲の横にあるプルダウンメニューから「入線」を選ぶと、たとえば2位入線で1着に繰り上がった馬や3着以下に降着となった馬も含めて調べることが可能です。





 最終的に出てきた結果のトータルは画面左下の黄色の部分に表示されていますが、「項目集計」を使うとさらに興味深いデータを得ることもできます。たとえば「人気」や「オッズ」を見れば、2着した次のレースでの人気と結果のバランスが分かるでしょう。
  1. 2010/11/05 09:48:42
  2. 2012/02/20 10:57:49
このFAQで疑問は解決しましたか?
※FAQを充実させるため、評価にご協力ください。
一つ前に戻る
トップに戻る